ホーム > 商品紹介 > 変形ヘッダー袋

変形ヘッダー袋

ヘッダー袋の可能性を広げる、4種類のガゼット袋

「標準タイプのヘッダー袋に、もっと厚みのある商品を入れたい......」
そんなご要望にお応えし、弊社では標準ヘッダー袋(Aタイプ)の変形タイプとして、形状の異なる、4種類のヘッダー袋をご用意しました。
いずれも、袋の上部にガゼット(マチ)を入れており、商品との一体感のある梱包を実現できます。
どのタイプも、ガゼットの幅やボタン付けなどのオーダーメイド設計ができ、商品と袋がぴったりフィットし、非常に美しく納まります。
立体的な製品の吊り掛け販売に最適です。

豊富なラインナップで、あらゆる形状の商品に対応します

○肩落とし
袋上部の両端の肩を斜めに切り落とすことにより、封入スペースに若干の厚みを持たせました。ガゼットまでは必要としない、やや厚みのある商品(ランチボックスなど)の梱包にご利用頂けます。


○SGZ
袋上部の両肩を落とし、袋の片側にガゼットを設けたシングルタイプ(SGZ)です。ある程度厚みのある商品に対応可能で、Tシャツや下着といった衣類などの柔らかい製品も、やさしく梱包できます。


○WGZ
SGZタイプが片面(1つ)のみガゼットを設けているのに対し、このタイプは袋上部の両面(2つ)にガゼットを設けています。これにより、かなり厚みのある商品でも封入でき、二段重ねのランチボックスや、マグカップなどの成型品にも活用できます。


○上下マチ付変形袋【実用新案登録商品】
従来の、袋の上部のみガゼットを入れたものとは違い、上下両方にガゼットを入れた、画期的なヘッダー袋です。
箱形の大きな成型品もぴったり収まり、見栄えよく店頭に陳列できます。
さらに、下入れ式のネックだった作業性は大幅に改善。従来の切り込み作業やボタン付けの必要もなく、安価で合理的なパッケージを実現します。

中身の商品に合わせて一番ベストなパッケージをご提案致します。

100円均一のプラスチック成形品やホームセンター等のランチBOXの販売に多く使用されています。

加工方法

※各加工方法に関しましては、各アイコンをクリックして頂きますとご覧頂けます。

以下の商品の梱包に便利です

雑貨アイコン
雑貨
文房具アイコン
文房具
ランチボックスアイコン
ランチ
ボックス

セムラーブログ

このページのトップへ